効率よくリサイクルトナー

純正トナーカートリッジを使っていた人にとっては、リサイクルトナーをプリンタに挿入するのは抵抗があるようです。もちろん、純正品よりは不具合の確立が多少は高くなりますが、予備品を備えておけば安心です。保証もメーカー保証よりは、リサイクルトナーカートリッジの販売店保障の方が手厚い場合が多いので、万が一の不良品の場合は、即座に保証先へ返品して、予備品で対応するのがいいでしょう

リサイクルトナーカートリッジの不具合は、商品そのものを返品すればいいのでそれほど問題ではありませんが、リサイクルトナーカートリッジによってプリンタが故障しやすいといった噂をネットなどでよく耳にします。この可能性がゼロとは言い切れませんが、リサイクルトナーカートリッジが原因でプリンタ本体が故障するのはごく稀で、ほとんどの場合は、トナーカートリッジを交換すれば不具合は治ります。

万が一、プリンタ本体に損害を加えた場合も、修理費用も保証してくれるリサイクルトナーカートリッジの販売店で購入していれば安心です。カラープリントが大量に必要な場合や、純正以外のトナーに抵抗がないならば、リサイクルトナーを効率よく使い印刷コストの削減に役立てましょう。


リサイクルトナーの保証

安さと安定した品質が魅力のリサイクルトナーですが、どの販売店やネットショップで購入しても同じということはありません。コストパフォーマンスが高い製品だからこそ、きちんと見極めて購入することが大切。まず、品質については、ISO9001やE&Q、STMCなどがついた、品質認定基準や品質管理基準を満たしているものを選ぶこと

純正トナーカートリッジは製造メーカーの保証となりますが、リサイクルトナーカートリッジは、再生品ということもあり、製造メーカーではなく販売店が保証元となっている場合がほとんどです。この保証がしっかりしている販売店やネットサイトで購入すれば、万が一の不良商品の場合も安心。不具合が発生した場合は、代替品が送られてくるシステムのようです

また、リサイクルトナーカートリッジの不具合によってプリンタ本体に損害を与えた場合の、プリンタ修理代金の保証を行っている販売店もあります。トナー・ドラムとは異なり、プリンタのトラブルの発生確率は低いものですが、万が一の保証がついていたほうが安心です。さらには、購入商品に満足できなかった場合の商品代金返金保証を行っている販売店もあるので、アフターケアがしっかりとした購入先を選びましょう。


安心なリサイクルトナー

プリンタの消耗品の一つであるトナーカートリッジ。モノクロ印刷していても、ブラックだけでなく赤やイエローなど他のカラーまで消耗し、頻繁にカートリッジの交換をする必要があります。プリンタの機種によりますが、家庭用の場合は、純正トナーカートリッジが1つ1500円前後と高額。年賀状などでカラー印刷をしていると、あっという間になくなります。純正とは、プリンタ本体の製造メーカーが国内向けに生産しているトナーカートリッジで、品質がもっとも安定しているといわれます。

少し前までは、この純正しか選択肢はありませんでしたが、昨今は並行輸入(海外純正品)やOEM、互換品、リサイクル品など、純正以外のトナーカートリッジが多く出回っています。とくにリサイクルトナーは、純正品の使用済みトナーを回収して洗浄・修理・再生した製品で、仕様は純正品と同じことから信用できると多く普及しています。しかし再生品のため、不良リスクも多少はあり、プリンタへのトラブルや安定性から避ける人も多くいます。しかし近年は不具合発生率もかなり改善され、ISO9001やE&Q、STMCなどの各種品質認定基準を満たしています

価格帯でいうと、並行輸入やOEMなどと比較しても、リサイクルトナーが最も安価で購入できるので、保証がしっかりしている販売店やネットサイトなどで購入すれば、圧倒的な価格の安さと安定した品質の、コストパフォーマンスのよいリサイクルトナーカートリッジを使うことができます。